ヨンイル旅行社ホーム > ソウル市内外ツアー > 午前ソウル観光ツアー1
最低人数:2名
時間:08:40〜12:30(火曜日09:00)
料金:32,000ウォン(一人あたり)

   
ソウル市内ご希望のホテルにてピックアップ →車窓観光(ソウル駅、南大門、徳寿宮)→清渓川(チョンゲチョン)→青瓦台正門(大統領官邸)、記念撮影→青瓦台サランチェ→守門将交代儀式→景福宮,国立民俗博物館→紫水晶工場または人参センター→南大門市場または明洞解散.
[火曜日 09:00-12:30] ソウル市内ご希望のホテルにてピックアップ→車窓観光(ソウル駅、南大門)→清渓川(チョンゲチョン)→青瓦台正門(大統領官邸)、記念撮影→車窓観光(青瓦台サランチェ)→徳寿宮・守門将交代儀式 →紫水晶工場または人参センター→南大門市場または明同解散


ときめく気持ちでホテルを出発すると、ソウルの中心地の市庁、光化門(クァンファムン)を通過して、大統領官邸の青瓦台(チョンワデ)に。残念ながら官邸はクルマの中からだけで観覧したいただきます。

そして朝鮮王朝最高の正宮で大韓民国を代表する宮廷文化財、ソウルの見どころでも堂々と1位に数えられる歴史と文化の空間である景福宮(キョンボックン)に移動します。景福宮は1395年(太祖4年)に朝鮮を建国した李成桂(イ・ソンゲ)によって創建された宮殿です。観光の定番コースですが、できれば少し歴史の予習をしてから、この宮殿をまわるとより有意義な時間になると思います。あなたがもし朝鮮時代の歴史を知らなかったとしても、この歴史的空間から当時の王権の威厳を充分に感じ取ることができるでしょう。そんな素晴らしい建築物に囲まれ、時代のタイムスリップを経験してみてください。

景福宮の中に位置した民俗博物館は、三国時代から朝鮮時代にいたる様々な生活の姿や文化などを観光客にもわかりやすく楽しく展示しています。

次のコースは、韓国仏教歴史の中心であり現在にまでもその位置を守りつづけている曹渓寺(チョゲサ)。大韓仏教曹渓宗の第1教区でもあり、総本山でもあります。1395年に建てられ、覚皇寺(カッサンサ)、太古寺(テゴサ)と名前を変え、1954年の仏教浄化運動の後、今の名前となりました。境内の大雄殿は1910年に建てられた法堂で、釈迦牟尼仏を奉安しています。

都心の真ん中から聞こえてくるお経の声は、やつれた都市の媒煙をまるで少しなりとも解消するかのようです。樹齢五百年といわれる天然記念物に指定された白松が曹渓寺入口で堂々と守っている姿をみると、そんな気持ちをより一層実感できることでしょう。
ご予約

 

 

サイトマップ l ヨンイル旅行社ホーム l 韓国ドラマ映画ロケ地ツアー l ソウル近郊・地方ツアー l ソウル市内ツアー l 統一安保韓国ツアー l
ナイトツアー l 体験ツアー l 自由プランツアー l 会社案内 l 申請方法案内 l FAQ l お知らせ l 自由掲示板
Copyright (c) 2006 ヨンイル旅行社 YONG-IL TOUR. All Rights Reserved. powered by asiacomm
 

ILoveSeoulTourブログ