ヨンイル旅行社ホーム > ソウル市内外ツアー > 一日ソウル観光ツアー
最低人数:2名
時間:08:40-17:00(火曜日09:00-17:00)
料金:78,000ウォン(一人あたり)
※昌徳宮(チャンドックン)は自由
観覧となりますが、後苑エリア
(芙蓉池、愛蓮池、玉流川)は
時間観覧制が施行されるため、
ツアーでは後苑エリアは参りま
せん。

ソウル市内ご希望のホテルにてピックアップ→ソウル駅(車窓観光)→南大門(車窓観光)→徳寿宮(車窓観光、毎週火曜以外)→清渓川(チョンゲチョン)→青瓦台サランチェ(※月曜日は休館→車窓観光) →景福宮・守門将交代儀式→ 景福宮、国立民俗博物館 (火曜日は徳寿宮観光および徳寿宮・守門将交代儀式)→ 紫水晶工場 → 昼食(石焼ビビンバ) → 北岳スカイウェイ展望台 → 昌徳宮(月曜日:宗廟)→北村文化センター→仁寺洞散策→南大門市場→ピックアップしたホテルにて解散


一日ソウル観光ツアーを出発すると、まずソウルの中心地の市庁、光化門(クァンファムン)を通過して、大統領官邸の青瓦台(チョンワデ)に。残念ながら官邸はクルマの中からだけで観覧していただきます。

そして朝鮮王朝最高の正宮で大韓民国を代表する宮廷文化財、ソウルの見どころでも堂々と1位に数えられる歴史と文化の空間である景福宮(キョンボックン)に移動します。景福宮は1395年(太祖4年)に朝鮮を建国した李成桂(イ・ソンゲ)によって創建された宮殿です。観光の定番コースですが、できれば少し歴史の予習をしてから、この宮殿をまわるとより有意義な時間になると思います。あなたがもし朝鮮時代の歴史を知らなかったとしても、この歴史的空間から当時の王権の威厳を充分に感じ取ることができるでしょう。そんな素晴らしい建築物に囲まれ、時代のタイムスリップを経験してみてください。

景福宮の中に位置した民俗博物館は、三国時代から朝鮮時代にいたる様々な生活の姿や文化などを観光客にもわかりやすく楽しく展示しています。

次のコースは、韓国仏教歴史の中心であり現在にまでもその位置を守りつづけている曹渓寺(チョゲサ)。大韓仏教曹渓宗の第1教区でもあり、総本山でもあります。1395年に建てられ、覚皇寺(カッサンサ)、太古寺(テゴサ)と名前を変え、1954年の仏教浄化運動の後、今の名
 
前となりました。境内の大雄殿は1910年に建てられた法堂で、釈迦牟尼仏を奉安しています。

紫水晶工場を見学し、昼食を石焼きビビンバで取ったあと、ソウルの故宮の一つである昌徳宮(チャンドックン)へ向かいます。この昌徳宮は1405年に正宮であった景福宮の離宮として建造された宮殿です。しかしその後、壬辰倭乱すなわち文禄の役のあった1592年に景福宮とともに焼失、光海君の時に再建されて以降、約270年に渡って景福宮に代わり正宮の役割を担いました。

  昌徳宮では他の宮殿と違い、ガイドに従って入場し巡るようになっています。そのために詳しい説明を聞くことができるし、時には質問をしたりして、とても分かりやすい歴史遺産となっています。そして1997年にはユネスコ世界文化遺産にも登録されました。ちょうどいい距離を風流な王宮の庭で散歩しながら、興味深い発見をしてみてください。

次に文化の街・仁寺洞(インサドン)に向かいます。仁寺洞はソウル市民も大好きな文化スポットで人もたくさん。伝統的な雰囲気のある通りをお土産ショッピングやアートを楽しみながら行き
交いしています。歩くのに疲れたら、仁寺洞名物の伝統喫茶に入って休んでみてください。韓国的な風流を感じるインテリアのお店で、人参茶やナツメ茶などの伝統茶を堪能することができます。漢方の思想が流れるカラダにとてもいいお茶ばかりです。

最後に600年の歴史を誇るソウル最古の市場・南大門市場に向かいます。ここではキムチ・海苔・高麗人参・松茸・眼鏡・カバン・子供服などのショッピングが楽しめます。迷路のような市場には、知られていないアイテムも隠れていますよ。ごちゃごちゃっとした食堂に入ってみるのも南大門市場での楽しみ方です。
ご予約

 

 

サイトマップ l ヨンイル旅行社ホーム l 韓国ドラマ映画ロケ地ツアー l ソウル近郊・地方ツアー l ソウル市内ツアー l 統一安保韓国ツアー l
ナイトツアー l 体験ツアー l 自由プランツアー l 会社案内 l 申請方法案内 l FAQ l お知らせ l 自由掲示板
Copyright (c) 2006 ヨンイル旅行社 YONG-IL TOUR. All Rights Reserved. powered by asiacomm
 

ILoveSeoulTourブログ