ヨンイル旅行社ホーム > ソウル市内外ツアー > 一日世界文化遺産ツアー
最低人数:2名
時間:08:30〜17:00
料金:109,000ウォン
     (総2名・一人あたり) 
    99,000ウォン
     (3名以上・一人あたり)
子供料金(4〜6歳)89,000ウォン
※昌徳宮(チャンドックン)は自由
観覧となりますが、後苑エリア
(芙蓉池、愛蓮池、玉流川)は
時間観覧制が施行されるため、
ツアーでは後苑エリアは参りま
せん。

   


ソウル市内ご希望のホテルにてピックアップ → 北村文化センター → 北村嘉会洞31番地(※4~6景)→ 宗廟(火:国立古宮博物館)→ 昌コ宮(月:景福宮)→ 紫水晶センター→昼食(石焼ビビンバ)→華城行宮(スウォンヘングン)(新豊樓(シンポル)→華城列車にて八達山(パルダルサン)から錬武台(ヨンムデ)間移動および水原華城(スウォンファソン)→ご宿泊ホテルへお送り
※ 華城列車のご利用に関する案内
天候不良による華城列車運休時または華城列車が満席のためご利用いただけない場合は、蒼龍門〜東将台(練武台)〜訪花随柳亭〜華虹門間を徒歩で、長安門は車窓からの観光となります


このツアーはユネスコ世界遺産に登録された昌徳宮(チャンドックン)・宗廟(チョンミョ)・水原華城(スウォン・ファソン)を巡るツアーです。朝鮮王朝時代の歴史をひもときながら吟味して巡ることでより一層有意義なツアーになること受けあいです。

最初にまわる昌徳宮は、もともと1405年に景福宮(キョンボックン)の離宮として建てられましたが、壬辰倭乱すなわち文禄の役のあった1592年に焼失、光海君の時に再建されて以降、約270年に渡って焼失した景福宮に代わって正宮の役割を担ったところです。景福宮の大門に「光化門(クァンファムン)」があるように、昌徳宮に入るには「敦化門(トンファムン)」を通らなければなりません。この敦化門の横に入場受付がありますが、昌徳宮は他の宮殿と違い、日本語、韓国語、英語、それぞれ時間別のガイドの案内に従って1時間半のコースを観覧するようになっています。日本の皇室から嫁いだ李方子妃が晩年を過ごした場所でもある昌徳宮、詳しいガイドと美しい建物・庭園をめぐる中で韓国への深い理解の一歩となることでしょう。

次にまわる宗廟は、1995年にユネスコ世界遺産登録がなされました。宗廟は朝鮮時代王朝の歴代の王と王妃、功臣の位牌を祀り、儒教に基づいた祭祀を行っていた場所で、朝鮮時代の建築物の中でも荘厳かつ神聖な場所ということができます。朝鮮時代には、正殿で毎年春・夏・秋・冬と師走に大きな祭祀を行い、永寧殿で毎年春秋と師走に祭享日(祭祀を行う日)を別に設けて祭礼を行ったそうです。今でも宗廟は、全州李氏(朝鮮時代の王が属した氏族)の子孫たちによって毎年5月の第1日曜日に1度だけ祭祀が行われているところです。

最後にソウルを離れ京釜高速道路にのって京畿道水原(スウォン)市にある華城に向かいます。華城は、朝鮮時代後期に建てられた王宮で、昌徳宮同様1997年にユネスコ世界遺産に指定されました。山城であり街にとけ込んだ姿はソウルにある宮殿とはまた趣が異なります。民家と共存する全長5.7kmの城郭とその要所要所にある4つの門を中心とした楼閣など各種建造物が華城のすべてです。1796年に朝鮮王朝22代正祖大王によって2年8ヶ月かかって作りあげたそれらの大半は韓国戦争で破壊されましたが、当時の資料を基に復元され、今では市民の憩いの場ともなっています。

ご予約

 

 

サイトマップ l ヨンイル旅行社ホーム l 韓国ドラマ映画ロケ地ツアー l ソウル近郊・地方ツアー l ソウル市内ツアー l 統一安保韓国ツアー l
ナイトツアー l 体験ツアー l 自由プランツアー l 会社案内 l 申請方法案内 l FAQ l お知らせ l 自由掲示板
Copyright (c) 2006 ヨンイル旅行社 YONG-IL TOUR. All Rights Reserved. powered by asiacomm
 

ILoveSeoulTourブログ