ヨンイル旅行社ホーム > 統一安保韓国ツアー > 一日DMZ&JSAツアー


最低人数:2名
時間:08:00〜17:30
料金:135,000ウォン(一人あたり)
*毎週月曜日、及び韓国の祝日はツアーが開催されません

 
 
 
各ホテル出発 → 半日DMZツアー → 昼食(食事の場所で板門店ツアーと合流) → 検問所通過 → キャンプポニファス → 板門店見学(自由の家、本会議場、第三警戒所、帰らざる橋など) → キャンプポニファス → ロッテホテル明洞で解散


一日DMZ&JSAツアーは、半日DMZツアーと板門店(JSA)ツアーをセットにしたものです。じっくりと安全と平和と自由の意味を体験するツアーをお楽しみください。

DMZとは(DeMilitarized Zone)の略、すなわち非武装地帯を意味しています。これは、1953年7月27日、月曜日午前、板門店で休戦協定が調印された後に定められた軍事境界線を挟んで南北2キロ幅の非武装地帯のことです。また南側にはDMZ後方5〜20kmの外にさらに民間人統制線(Civilian Control Line)という線が引かれました。DMZは軍隊の駐屯と武器の配置、軍事施設の設置を禁止するよう約束した地帯で、民間人統制線はこの約束を効率的に遵守するためにその名の通り民間人が居住したり、産業活動ができないよう韓国側の必要に応じて作った地帯です。

ツアーは、ソウルから漢江沿いの統一路を北西に向かい、まず臨津閣(イムジンガク)公園に到着します。ここは韓半島の統一を祈願するために立てられた観光地で、1972年に建設が進み、軍事境界線から南に7km離れた所に位置しています。そこには、北朝鮮記念館と各種記念碑、公園などがあり、1953年休戦協定を結んだ直後に捕虜の帰還に利用された「自由の橋」、韓国戦争当時破壊された京義線の鉄道などを見ることができます。

臨津閣から先は民間人統制区域となり、そこをさらに進んでいくと、南侵用第三トンネルに到着します。休戦後に北朝鮮側によって掘られた南侵用トンネルの発見経緯ですが、1974年11月京畿道漣川の高浪浦(コランポ)で韓国の兵士が異常な煙が上がるのを目撃したことに端を発しています。そこを掘ってみたところトンネル掘削中の北朝鮮軍兵士と出会い、すぐさま銃撃戦となり北朝鮮軍兵士は逃げていってしまいました。米軍と合同調査の結果、この第一トンネルはレールまで架設されていて、二人が走ることのできるほどの大きさでした。このことにより韓国軍と米軍はトンネル捜索をはじめ、1975年に第二トンネルを発見、1978年には第三トンネルが発見されました。第三トンネルは北のある島から掘り始めて韓国領土435メートル地点まで到達していて、韓国民に大きな衝撃を与えました。現在第四トンネルまで発見されています。ツアーは地下の第三トンネルを見学した後に、DMZ内の都羅(トラ)展望台へと向かいます。

都羅展望台からは北朝鮮の建物などを直接見ることができ、その暮らしぶりをうかがい知ることができます。天気の良い日には北朝鮮の都市・開城(ケソン)をも見ることができます。

そのあと都羅山(トラサン)駅を見学します。韓国戦争によって分断された京義線は、2000年6月に行われた南北首脳会談での共同声明を受けて、南北連結工事が開始されることになりました。この連結工事の一部区間として、2001年9月30日、ムン山〜臨津江(イムジンガン)間が復活開業し、さらに2002年2月12日、民間統制区域内にあたる臨津江〜都羅山の運行を開始しました。京義線は、元々ソウルと北朝鮮にある新義州(シニジュ)を結ぶ鉄道路線で、ソウル釜山を結ぶ京釜線と共に半島を縦断する重要路線であったわけです。ですから都羅山駅は韓国側における京義線連結事業の前線基地的な意味合いがあるといえ、統一事業への大きな期待が寄せられている施設でもあります。さらにアメリカのブッシュ大統領が訪れて、世界の注目を浴びることになりました。

昼食後に板門店(パンムンジョン)へと向かいます。板門店は軍事境界線上に位置しています。板門店は、停戦協定の締結後、国連側と北朝鮮側との共同警備区域として定められた前後左右の距離わずか800mの狭い場所です。この板門店は公式的に国連軍と北朝鮮軍に共同警備区域(Joint Security Area)と呼ばれています。JSAは国連側と北朝鮮側が各自6カ所の警備所を運営し、35人で構成された警備兵を常に投入しています。1976年の以前には、JSAの中で両側の警備兵がお互いに往来することができたのですが、1976年8月18日、北朝鮮軍の斧蛮行事件の後は、両側の警備兵たちが相手の地域に入れないようになっています。

ここでは韓国軍と北朝鮮軍、そして国連軍(アメリカ軍)が警備している姿も直接見ることになります。日本でも公開された韓国映画「共同警備区域JSA」でも描写されていた「帰らざる橋」(映画の中で南北双方が銃撃戦を行った橋)の本物も見ることができます。映画の最初とラストシーンで出てきた軍事停戦委員本会議場にも実際に近づき、さらに入って見学することができます。(映画はオープンセットです)映画でイビョンホ氏が演じたのと同じように韓国軍の憲兵がサングラスをかけて微動だにせず仁王立ちしているのも間近で目撃できますし、会議場の中で軍事境界線を越えることもできます。

注意事項
1.パスポートを持参する。
2.在日韓国人の方は参加できません。
3.10歳以下の子供はツアーに参加できません。
4.観光スケジュールは軍の管理下にあり、板門店の突然の事情によるツアーキャンセルの場合はツアー代金を返却致します。
5.観光前の飲酒は禁じられています。
6.カジュアル服は可ですが、ジーンズ(ジーンズ色のすべての服)、サンダル、半ズボン、袖無し、Tシャツ、スポーツウェア、ミリタリーファッション、ミニスカートなどの露出の多い服は着用が禁じられています。
7.ツアーのキャンセル料は、ツアー前日がツアー料金の50%、当日と無連絡のキャンセルはツアー料金の100%です。
●第3トンネルに入場の際は、徒歩での入場となります。5分ほど急な坂を歩きますのでご了承下さい。服装は自由ですが、トンネル内は足元が危ないため、動きやすい服装をお勧めします。

ご予約

 


 

サイトマップ l ヨンイル旅行社ホーム l 韓国ドラマ映画ロケ地ツアー l ソウル近郊・地方ツアー l ソウル市内ツアー l 統一安保韓国ツアー l
ナイトツアー l 体験ツアー l 自由プランツアー l 会社案内 l 申請方法案内 l FAQ l お知らせ l 自由掲示板
Copyright (c) 2006 ヨンイル旅行社 YONG-IL TOUR. All Rights Reserved. powered by asiacomm
 

ILoveSeoulTourブログ