ヨンイル旅行社ホーム > ローカルツアー > 仁川シティ1日ツアー


最低人数:2名
時間:09:00〜17:00
料金:160,000ウォン
      (総2名以上・一人あたり)
    ※3歳以下無料
(火〜金曜日のみ開催)


各ホテル→松島国際都市(トライボール、コンパクト・スマートシティ、キャナルウォーク)→蘇莱浦口→仁川上陸作戦記念館→チャイナタウン→昼食(ジャージャー麺)→仁川自由公園→月尾島→各ホテル
(※昼食場所でのお飲み物や追加で注文された分につきましては、別料金となります。)


仁川(インチョン)は韓半島の中西部にある韓国で二番目に大きな港町で、19世紀に真っ先に近代化が始まった場所です。月尾島とチャイナタウンは仁川を代表する観光地で異国的な雰囲気を味わえますし、 蘇莱浦口という港では韓国の活気あふれる魚市場を見られます。
仁川上陸作戦記念館では1950年の韓国戦争の流れを一見、経済自由区域の松島国際都市には超高層ビルがぞくぞくと立ち並び、現代的な仁川の姿を見られます。


国際空港がある仁川はソウルから最も近い港湾都市で、昔から韓国の関門だった地域です。
仁川港の開港と同時に誕生したチャイナタウンや韓国戦争の時に仁川上陸作戦を指揮したメッカーサー将軍の銅像ができた頃から名づけられた自由公演、昔ながらの魚市場が開かれる蘇莱浦(ソレポ)区、国際都市松島(ソンド)、仁川を1日でお楽しみいただけます。

 

1.松島国際都市
仁川経済自由区域は2003年8月に指定され、韓国経済の新たな成長動力を創出する21世紀型のグローバルシティを造成して国際ビジネス都市、北東アジア物流のハブ、国際レジャー都市を建設、国家競争力を高めることを目的としている。地区別に国際ビジネスIT、BT開発の松島地区、産業物流観光開発の永宗地区、金融レジャー開発対象の青蘿国際都市などの開発方向に3つの地区別の計画が確立される。都市の競争力や生活の質の向上のためにユビキタス都市基盤施設を通じて未来型都市を志向して世界最高水準のEco Cityを造成し、低炭素グリーン成長や環境にやさしい都市開発を助成する国際都市としての格調ある都市のイメージを実装しようと創意的で特色のある建築物建設及び都市政策のフレームを構成。総209?で汝矣島(ヨイド)の70倍の面積で51万2千人余りの人口を受け入れ、1段階は基盤の構築段階、2段階は成熟段階、3段階は仕上げ段階で段階別事業を推進して2020年事業の竣工を目標に推進中である。

 

(1) トライボール(Tri-bowl)
トライボール(Tri-bowl)は2009年80日間(2009.8.7~2009.10.25)仁川で開催された「仁川世界都市祝展」を記念するモニュメントで空(空港)・海(港湾)・地(交通)の調和のとれた仁川、そして 仁川経済自由区域(ソンド、チョンナ、ヨンジョン)を象徴する意味も含まれてあります。

(2)コンパクト・スマートシティ
(COMPACT SMART CITY)

都市計画をもとに仁川広域都市の過去と現在、未来をひとところに集めて表現する展示・観覧施設「コンパクト・スマー

トシティ(Compact Smart City)」は世界一流ブランド都市仁川のイメージと未来都市にふさわしく、都市計画のビジョンと目標が込められている。 仁川の過去及び現在の姿を多彩に表現し、未来ビジョンを提示・具現化する展示館です。また、仁川都市計画の情報にふれることで、仁川市民としての誇りが感じられる。

(3)キャナルウォーク(CANAL WALK)
世界的な建築会社である米国のKPFで設計を任されてデザインした欧州式ストリート型水路沿い商店街である。中央水路に沿ってレストランやショッピングモールが出店した欧州式低層型大型ショッピングモールでキム・ヨナ選手が投資をしてキム・ヨナ商店街として知られている。 商店街は1~4団地、340店の商店街で構成されており1、2階は商店街で3~5階は455世代オフィステルだ。1~2団地は衣類を中心とした販売施設、3団地は近隣の生活施設、4団地は飲食業種で構成された。CORRETTO、ブランドアウトレット、ボグノ、ソーダなどアウトレット売り場があるのにまだ幾つかの商店を除いては大きく活性化していない。 2015年までロッテショッピングタウン、イーランドのショッピングモール、現代百貨店アウトレットなどが建てられる予定である。

2.蘇莱浦口
蘇莱浦口と魚市場ではヒラメとタコの刺身は勿論、色々な塩辛も満喫できます。

3. 仁川上陸作戦記念館
本記念館は1950年共産勢力の不法侵略により陥落危機に陥った大韓民国の危機に対し、UNの旗の下に一致団結し、命を捧げて民主主義と自由を守り抜いた自由陣営諸国家の若者たちの崇高な犠牲精神を永遠に称え、その志を尊ぶために、韓国戦争当時の戦況の逆転に決定的なきっかけになった仁川上陸作戦が行われたこの場に1984年全市民の真心を込めて建立されることになった。

4. チャイナタウン(China Town)
1905年に今のチャイナタウンに中華料理店の共和春がオープンしたことにより、仁川ジャージャー麺通りの歴史は始まりました。以後、中華楼や東興楼などがオープンし次第にジャージャー麺通りの姿が整い始めました。こうして中華料理店がひとつふたつと増えていき中華街が作られていくかと思った矢先、1970年代に入ると通りの活気がなくなっていきました。通りの活気を取り戻すために商人たちはジャージャー麺などの単純な食べ物だけでなく中国の酒や中国のパンや饅頭も売り始めました。人々が選択できる料理の幅が広がったことで再びこの通りに活気が戻りメディアにも取り上げられるようになりました。現在では中国式の装身具や生活用品なども売られています。週末になると通りがいっぱいになる程に人々が集まり、異国的な雰囲気の漂うこの通りで写真を撮る人々の姿も多く見られます。

5. 仁川自由公園
韓国戦争の時に仁川上陸作戦を指揮したメッカーサー将軍の銅像ができた頃から名づけられた自由公園で韓国最初の西洋式公園である。頂上には韓米修交100周年記念塔があるが、1882年4月に韓国と米国の間に調印された韓米守護条約締結を記念するために100周年になる1982年に立てた。

6. 月尾島
コバルトブルーの海、異国風のカフェ、若さとロマンが交差する月尾島は、仁川の観光シンボルです。ロマンチックな日暮れといつでも楽しい遊園地、仁川を一望できる月尾山展望台、仁川のシンボルである仁川港閘門にいたるまで、月尾島は宝石箱のように楽しさがいっぱい詰まっています。


ご予約

 

 

サイトマップ l ヨンイル旅行社ホーム l 韓国ドラマ映画ロケ地ツアー l ソウル近郊・地方ツアー l ソウル市内ツアー l 統一安保韓国ツアー l
ナイトツアー l 体験ツアー l 自由プランツアー l 会社案内 l 申請方法案内 l FAQ l お知らせ l 自由掲示板
Copyright (c) 2006 ヨンイル旅行社 YONG-IL TOUR. All Rights Reserved. powered by asiacomm
 

ILoveSeoulTourブログ